ここから本文です

九州は東京より幸せ? 高い「食の満足度」、深い「地域の愛着」 博報堂調査

qBiz 西日本新聞経済電子版 9月21日(水)11時1分配信

 九州の人は東京の人よりも幸せだと感じている-。博報堂九州支社のインターネットアンケートでこんな結果が出た。週末に家族と過ごす割合や地域を良くする活動への参加率も九州が高く、暮らしの充実と地域への愛着がうかがえる。

九大箱崎キャンパスに元寇防塁遺構

 調査は7月下旬から8月上旬にかけ、18歳から69歳まで各都県の250人を対象に行った。

 幸福実感を100点満点で答えてもらうと九州7県全てが東京の54・3点を上回った。最も高かったのは福岡の59・7点で、長崎と鹿児島が57・8点で続いた。衣食住の中では食の満足度が高く、新鮮な食材に恵まれた特性が反映されているようだ。

 「週末に家族と一緒に過ごすことが多い」と答えたのは、九州全体で38%だったのに対し東京は31%。住んでいる地域をより良くする活動の経験も、九州が10ポイント上回った。地域を良くすることを考える割合も高かった。

 一方、将来の見通しは対照的な傾向が表れた。「あなたが暮らしているまちの先行き」は、九州では「暗い」(28・2%)が「明るい」(16・9%)を上回り、東京は逆に「明るい」(28・4%)が「暗い」(19・2%)よりも高かった。

西日本新聞社

最終更新:9月21日(水)11時1分

qBiz 西日本新聞経済電子版