ここから本文です

【ブラジル】16歳少女が麻薬運搬 50万レアル相当

サンパウロ新聞 9月21日(水)3時8分配信

 連邦道路警察は15日、ゴイアス州の州都ゴイアニア市近くの国道060号線を走行していたバスに乗車していた16歳の少女が、旅行カバンの中にコカイン10キログラム(50万レアル相当)を隠し持っているのを発見した。警察は事情を聞くために少女をアパレシーダ・デ・ゴイアニア市内にあるセキュリティオペレーションセンターへ連行したが、少女の身柄は拘束しなかった。事情聴取後、少女は警察から解放され児童保護施設へ送られた。

 16日付で伝えた伯メディアによると、ペルナンブコ州の田舎町に住んでいるという少女は警察の調べに対し、11日に町を出てマット・グロッソ州クイアバ市に向かい、そこで知り合ったトラック運転手にコカインを運ぶよう頼まれ1000レアルを受け取ったと話している。少女はまた、コカインはレシフェ市(ペルナンブコ州)まで運ぶことになっていたが、ブラジリアでバスから降りるつもりだったとも話している。

 連邦道路警察の捜査官らは、この少女がこれまでにも麻薬の運搬を請け負っていたとみている。捜査官の1人は「少女はすでに何度かクイアバを訪れているが、その理由については説明できなかった」と話す。

 警察は、少女にコカインを渡したトラック運転手とコカインの届け先を特定するために捜査を続ける。

サンパウロ新聞

最終更新:9月21日(水)3時8分

サンパウロ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。