ここから本文です

きゅんくん、中里周子、ドミニク・チェンが考える「ファッション」と「アイデンティティ」の関係性とは

SENSORS 9/21(水) 16:01配信

8月15日、渋谷のFabCafe Tokyoで行われた「SENSORS SHIBUYA FASHIONCODE WEEK」。土曜日には 『ファッションアイデンティティ』をテーマにロボティクスファッションクリエイターのきゅんくん、ファッションデザイナーの中里周子氏、モデレーターとして情報学研究者のドミニク・チェン氏が登壇。「ファッション」と切り離すことのできないものづくりとの関係性と、「ファッション観」が生まれる所以についてトークを繰り広げた。このレポートではセッション内で語られた様子をお届けする。

イラストレーター兼プログラマーが「留学」で得た職業とは?

小学生からロボット開発者を志し、現在は大学の機械工学科に通いながら、ロボティクスファッションクリエイターとして活動するきゅんくん。
実際にまとうことのできる、ファッションとしてのウェアラブルデバイス『MATCALF』シリーズは、役に立つ機能を持っていないが、それを「身に付けたい」と思わせるような、身体のアクセサリーとしての役割をロボットによって実現している。

元々、大学では哲学とサブカルチャーを専攻していたが、ファッションデザイナーになることを目指し、現在は東京藝大の博士課程で研究をしている中里周子氏。
2014年に欧州最大のファッションコンテスト「ITS」でジュエリー部門のグランプリを受賞したことをきっかけに『NORIKONAKAZATO』を立ち上げ、服のデザインはもちろん、人とモノが出会う瞬間のデザインを提案し続けている。昨年には伊勢丹「TOKYO解放区」にて、VRを用いた“ようこそ、ISETAN宇宙支店へー私たちの未来の百貨店ー“と題した企画にて“未来でのショッピング体験“を提案し、テクノロジーによってショッピングの体験を塗り替えるという企画を行うなど、その活動は多岐にわたる。

そんな既存の「ファッション」に一石を投じる2人は、どのようにしてその着想を得、実践しているのだろうか。情報学研究者であるドミニク・チェン氏が「ファッションとアイデンティティ」という観点から解き明かしていく。

1/4ページ

最終更新:9/21(水) 16:11

SENSORS