ここから本文です

外国人旅行者の病院での通訳単語ランキング、頻出トップは「診断書」

トラベルボイス 9/21(水) 12:00配信

インデンコンサルティングはこのほど、同社が提供するiPhone、iPadのビデオチャット機能利用の通訳サービス「SMILE CALL(スマイルコール)」に基づく「病院におけるインバウンド対応時の頻出単語トップ10」を発表した。2016年1月1日から8月31日までの期間、同サービスを導入している医療機関でやり取りされた通訳記録1315件からキーワードを抽出・集計したもの。

それによると、同ランキングのトップ3は「診断書」「保険」「検査」だった。例えば、帰国後の保険の手続きや再受診に備え、英語版の診断書発行や、保険会社への確認、問い合わせをする会話などが、頻繁に記録されていた。

また4位の「アレルギー」は、来院時の症状の質問や、薬の処方に関するやり取りの際に多く聞かれた。患者に対し、直前に食べたものや、以前にアレルギー反応が出たことがあるものなどを確認する会話が多かったという。

ランキングは以下の通り。

▼病院でのインバウンド対応時の頻出単語トップ10
・1位 診断書(241回)
・2位 保険(180回)
・3位 検査(159回)
・4位 アレルギー(73回)
・4位 レントゲン(73回)
・6位 抗生物質(61回)
・7位 処方箋(59回)
・8位 外科(58回)
・8位 手術(58回)
・10位 薬局(54回)

スマイルコールは、現在、英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語の通訳サービスを提供している。インターネット環境と端末があれば、すぐに利用可能という。

同社によると、一般社団法人日本病院会が昨年4月~6月に実施した調査では、加盟する669施設の医療機関のうち、外国人患者の受入経験がある病院は526施設(78.6%)。しかし、自院に通訳スタッフがいる病院は 74施設(35.2%)にとどまった。一方、観光庁は、2016年3月に「観光立国実現に向けたアクション・プログラム2015」に基づいて、訪日外国人旅行者の受入可能な医療機関を全国320ヵ所選定するなど、訪日外国人旅行者を受け入れ環境の整備を進めている。

詳細は、一般社団法人日本病院会「平成27年度医療の国際展開に関する現状調査」として発表されている。

トラベルボイス編集部

最終更新:9/21(水) 12:00

トラベルボイス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。