ここから本文です

【インタビュー】大森靖子やジェーン・スーらも参加! ゆっふぃーこと寺嶋由芙が、ファーストアルバム『わたしになる』に込めた思いとは?

トレンドニュース(GYAO) 9月21日(水)13時7分配信

ソロ・アイドルとして再スタートを切った寺嶋由芙が、待望のファーストアルバム『わたしになる』を9月21日にリリースする。本作は、これまで発売されてきたシングル6曲(再録ヴァージョン含む)と、すでに入手困難となっているライヴ会場限定盤の収録曲3曲、さらに書き下ろしの新曲5曲を加えた全14曲。これまでと、これからの“ゆっふぃー“が詰まった濃厚な一枚となっている。
人気グループを脱退し、一時は引退も考えたという寺嶋。再びアイドルの道を歩み始めた彼女の、揺るぎない覚悟とは? アルバムの制作エピソードはもちろん、大好きな「ゆるキャラ」と「アイドル」とをつなぐ「ゆるドル」としての活動についてなど、ざっくばらんに語ってもらった。

寺嶋由芙 「わたしになる」ミュージックビデオ無料配信中>>

■ 大好きなゆるキャラたちと一緒に仕事ができているのは不思議な気持ちです!

ーー待望のファーストアルバムが完成した今の心境は?

寺嶋:とてもホッとしています(笑)。今までシングルをたくさんリリースさせてもらってきたのですが、アルバムを出そうっていう話になかなかならなくて。何度かタイミングがあったのですが、うまく着地しないままここまで来てしまったので、「これが寺嶋由芙です」って言えるアルバムができたのは本当に良かったなと思います。

ーー現在、大好きな「アイドル」そして「ゆるキャラ」をつなぐ「ゆるドル」になるべく活動中だそうですが、「ゆるキャラ」を好きになったキッカケは?

寺嶋:ご当地キャラを認識したのは、2010年の千葉国体に向けて、2009年からチーバくんが活動していたときです。私は千葉県民なのですが、チーバくんがうちわやテッシュなど、いろいろなところに登場しているのを見ているうちに、すごく好きになってしまって(笑)。実は母がサンリオの大ファンで、かわいいキャラクターグッズが小さい頃から身近にあったので、そこから「キャラ好き」が始まっていたのかもしれないですね。ゆるキャラだと、他には成田市のうなりくんも好きでした。今、そんなゆるキャラたちと一緒に仕事ができているのは不思議な気持ちです!

ーー「ゆるドル」としての仕事内容は?

寺嶋:最初は普通にファンとして、ゆるキャラが集まるイベントに行っていたんですけど、そのうちゆるキャラの方から「どうやらアイドルが見に来ているらしい」と認識してくれるようになりました(笑)。それからはイベントの司会に呼んでいただいたり、ゆるキャラのテーマ曲を歌わせてもらったりするようになりました。ゆるキャラの誕生日会の司会をやったことも、ゆるキャラとのコラボ写真集を出したこともあるんですよ(笑)。

ーー現在は、「ゆるキャラ」の名付け親でもある、みうらじゅんさんと一緒に、テレビ番組『みうらじゅん&安斎肇のゆるキャラに負けない!』にも出演されていますが。みうらさんはどんな印象?

寺嶋:すごく不思議な方です(笑)! でもすっごく優しく、私がゆるキャラに夢中になっているところを、一緒に面白がってくださって。安斎さんもそうですが、ゆるキャラへの愛を語る私のことを、「微笑ましい」という目線で見てくださっているんですよね。「由芙ちゃん、本当アタマおかしいよ!」なんて冗談を言いながら(笑)、とっても楽しくやっています。大御所なのに全然壁がなくて、かわいらしいところもあるんですよ。

1/3ページ

最終更新:9月21日(水)13時7分

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。