ここから本文です

SMAP、解散直前のベストアルバム発売発表にファンからは様々な意見飛び交う。「ありがとう」「信じてます」

E-TALENTBANK 9月21日(水)17時21分配信

SMAPのベストアルバムの発売が12月21日(水)に決定した。タイトルは「SMAP25YEARS」。12月31日をもって解散を発表している。

今回のアルバムは、ビクターエンタテインメント内の特設サイトにてファンからのリクエストを募集し、収録を決定するベストアルバム。シングル・アルバムなど400以上の候補曲から投票が可能だ。ベストアルバムはCD3枚組で約50曲を収録の予定で、リクエスト上位から順番に収録曲を決定する。

「1991年にCDデビューし、25周年となる今年、SMAPの音楽活動を支えてきてくださったファンの皆様の思いを大切に受け止め、反映させたアルバムを作りたい」という考えから今回のアルバム企画の決定に至ったと言う。

ファン投票によって収録曲が決定するのは、1995年に発売したSMAP初のベストアルバム「COOL」と、2011年に「みんなを勇気づけるSMAPの曲」をテーマに募集し、期間限定発売されたアルバム「SMAP AID」以来で、SMAPとしては3回目となる。応募期間は、9月21日(水)から10月4日(火)までの2週間。

この発表に、ファンからは様々な意見が続出。まず目立ったのが「本当にビクターさんありがとうございます!」「投票して盛り上げないとね」「こんな最高なアルバム期待しかありません!負けないでください!」「SMAPのベストアルバム絶対買う!!!」という賛成派の意見だ。

また、このアルバムはファンからリクエストを募って収録曲を決めるとされており、「ベストは選べない!いや選びすぎて!ベストにならん」「1曲なんて選べないよね。」「全部好きだし、思い入れもあるどうしよう。」と思い出の曲がありすぎてリクエスト曲が決められないという声、そして「ベストアルバム、嬉しいけど、『ラスト』と付くなら嬉しくない。」「嬉しくない私はひねくれ者かな」と解散直前のベストアルバムリリースに複雑な気持ちをのぞかせる声も上がっていた。

そして「次は30周年になる!SMAPは終わらない!と信じてます」「でも、これが最後ではないと信じてる」「まだ可能性あるって信じてるから」と希望を持ち続けているファンの意見も見られた。

最終更新:9月21日(水)18時17分

E-TALENTBANK

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。