ここから本文です

22日(秋分の日)は広く雨に 週末は西・北日本中心に晴れ

ウェザーマップ 9月21日(水)16時52分配信

 21日は北日本で晴れた所が多いが、東~西日本は湿った空気が流れ込み、雲の取れにくい状態が続いた。東京都心は午前中、一時的に空が明るくはなったものの、晴れ間が広がるほどに至らなかった。都心の11日からの日照時間は合計で6時間あまりしかなく、平年の15%にとどまっている。22日(秋分の日)にかけて天気は再び下り坂で、北日本や九州の一部をのぞき、雨の降る所が多くなりそうだ。
 
 日本の南にある前線が22日にかけて陸地に近づき、日本列島にはさらに湿った空気が流れ込む予想となっている。このため、西~東日本は午前中から雨の降り出す所が多く、近畿や東海を中心に雨脚の強まる所がある。22日午後は雨の範囲が仙台など東北南部に広がり、夜以降は東北北部を含めて雨となる予想だ。23日(金)も東日本や北日本は雨の所が多く、東京など関東では蒸し暑さが戻る見込み。

週末はようやく全国的に晴れ

 23日の午後は西日本から天気が回復して、土~日にかけては東日本でやや雲が多いものの、広い範囲で晴れる予想だ。ただ、気温は平年より高く、東海から西日本にかけては30℃前後まで上がる所がある見込み。なお、来週も全国的に気温が高い状態が続くため、9月末とはいえ熱中症など健康管理に注意が必要だ。

最終更新:9月21日(水)17時35分

ウェザーマップ