ここから本文です

週末の夕食前に軽いお酒とつまみはいかが?アサヒビールが“週末アペロ”を提案

日刊工業新聞電子版 9月21日(水)15時10分配信

“家飲み”需要の高まり追い風

 アサヒビールはスーパーなどの小売店向けに、週末に自宅で食前酒を楽しむ「週末アペロ」を提案する。専用の什器(じゅうき)を全国で200台用意する。9月下旬から小売店約1000店で、同社が扱うベルギービールやワインといった食前酒向けの商品を什器に陳列。食前酒の楽しみ方を紹介したポスターなどと組み合わせて、販売促進を始める。チーズや総菜売り場との連携も行う。自宅で飲む“家飲み”需要の高まりを追い風に、週末の「食前酒習慣」を提案し、売上高の底上げにつなげる。

 アペロはフランス語のアペリティフから生まれた略語で、夕食前に軽い酒とつまみを楽しむ習慣を指す。アサヒビールはスーパーの食品売り場などで週末のアペロ習慣を提案することで、自社商品の売上高増加とともに採用する店舗へも、販売の活性化につながる効果をPRする。

 また、食材との連動効果を狙う。同社が扱うベルギービール「ヒューガルデンホワイト」には牛肉のスパイシーピクルス、ワインの「サンタ・ヘレナ・アルパカ・シャルドネ・セミヨン」には牡蛎(かき)のオイル漬け、スパークリングワインの「サンタ・ヘレナ・アルパカ・スパークリング・ブリュット」にはチーズのハーブオイル漬けという具合に、つまみ料理を提案する。

 景気の不透明感で、消費者には外食を控える節約志向が強まり、ビールやワインの家飲み需要が増えている。アサヒの8月の販売でも、第三のビール「クリアアサヒ」や缶チューハイ「もぎたて」、アルパカワインが伸びた。

 売上高の増加に弾みをつけるため、小売店と連動して販促する。酒類業界ではサントリースピリッツも、ウイスキーのハイボールをから揚げやギョーザとセットで販促している。

最終更新:9月21日(水)15時10分

日刊工業新聞電子版