ここから本文です

シンボルのSL撤去作業開始 さいたま市中央区役所

テレ玉 9月21日(水)19時43分配信

40年以上にわたり地元の人たちから親しまれてきた、さいたま市の中央区役所に設置されている蒸気機関車の撤去作業が21日から始まりました。

さいたま市中央区の中央区役所には、1972年から当時の国鉄から借り受けた9600形式蒸気機関車が設置されていて、黒い車体や力強い姿から「甲虫」の愛称で親しまれてきました。

しかし、車体の腐食が激しい上にレール下の枕木も劣化していて地震による倒壊の恐れもあることなどから、蒸気機関車を解体して撤去することが決まりました。作業は21日午前中から始まり、10月いっぱいで撤去作業を終えるということです。

撤去される蒸気機関車の一部の部品はJRや鉄道博物館で所蔵されるほか、中央区役所のロビーにも飾られるということです。なお、撤去後のスペースの活用方法はまだ決まっておらず、市は今後、検討していくとしています。

テレ玉

最終更新:9月21日(水)19時43分

テレ玉