ここから本文です

ジョジョ荒木さん、復興願いイラスト「いわて人間賛歌」制作

デーリー東北新聞社 9月21日(水)11時57分配信

 岩手県は20日、県内で開催される国体と全国障害者スポーツ大会に向け、東日本大震災からの復興や、ふるさと振興を誓うシンボルとして作成したイラスト「いわて人間讃歌」を披露した。「ジョジョの奇妙な冒険」で有名な、仙台市出身の漫画家・荒木飛呂彦さんが筆を執った。

 岩手山やカッパ、わんこそば、南部鉄器など、岩手を象徴する自然や歴史、文化で彩ったゲートが開き、希望あふれる未来に向かって疾走する女性の姿が描かれている。

 県民一人一人が心豊かに生き生きと暮らし、個性や尊厳を認め合って人間を大事にする社会を表現したという。

 同日の定例会見でイラストを紹介した達増拓也知事は「震災などさまざまな障害を乗り越え、未来へ力強く進んでいく感じが伝わってくる」とアピールした。国体の開閉会式会場のほか、久慈市や二戸市などのパブリックビューイング会場にも掲示する。

デーリー東北新聞社

最終更新:9月21日(水)11時57分

デーリー東北新聞社