ここから本文です

北朝鮮、ロケットエンジン「実験成功」 国営メディアを通じ発表

西日本新聞 9月21日(水)11時42分配信

 北朝鮮は20日、国営メディアを通じて北西部東倉里(トンチャンリ)の西海衛星発射場で新型の「静止衛星運搬ロケット用エンジン」の地上燃焼実験に成功した、と発表した。韓国政府は、北朝鮮が5回目の核実験に続き、事実上の長距離弾道ミサイル発射の準備を進めているとみて警戒している。

 朝鮮中央通信によると、実験はエンジン燃焼室の特性や操縦系統の動作の正確性などを最終確認するために実施し、「すべての系統が安定に維持された」としている。立ち会った金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は「われわれの力と技術で異なる用途の衛星をさらに製造、発射し、数年内に静止衛星保有国にならなければならない」と強調した。

 韓国軍合同参謀本部は同日、北朝鮮の実験について「長距離ミサイルに使用する高出力新型エンジンの性能試験とみている」と述べた。

=2016/09/21付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞社

最終更新:9月21日(水)11時42分

西日本新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。