ここから本文です

【速報】大坂なおみ 第6シードにストレート勝ちで8強<女子テニス>

tennis365.net 9月21日(水)16時49分配信

東レ パン パシフィック オープンテニス

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニス(東京/有明コロシアム、ハード、WTAプレミア)は21日、シングルス2回戦が行われ、18歳の大坂なおみ(日本)が第6シードのD・チブルコワ(スロバキア)を6-2, 6-1のストレートで破り、ベスト8進出を果たした。

【東レPPO対戦表】

この試合の第1セット、大坂は第1ゲームでブレークを許すも果敢に攻め続けて3度のブレークに成功し、このセットを先取する。

第2セットも第1ゲームでチブルコワにブレークされたが、その後は6ゲームを連取し、チブルコワを圧倒した。

準々決勝では、第3シードのKa・プリスコバ(チェコ共和国)とA・サスノビッチ(ベラルーシ)の勝者と対戦する。

今年の四大大会で大坂は全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)の3大会で3回戦へ進出する活躍を見せた。

今大会は1回戦で土居美咲(日本)との日本勢対決をストレートで制し、2回戦へ駒を進めていた。

一方、敗れたチブルコワは2014年の全豪オープン決勝でN・リー(中国)に敗れるも、準優勝を飾った。世界ランキングの自己最高は10位で、これまでツアー6大会で優勝している。

tennis365.net

最終更新:9月21日(水)16時49分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]