ここから本文です

右足首骨折した道端アンジェリカ、3時間半の手術終える「すごく不安で緊張したけど……」

トレンドニュース(GYAO) 9月21日(水)14時8分配信

右足首を骨折したモデルの道端アンジェリカが、3時間半の手術を無事終えたことを報告した。「すごく不安で緊張したけど、、、支えてくださったみなさまありがとうございました」とつづっている。

アンジェリカ、寒中に気合いのナマ美脚>>

道端は9月17日、「昨日私の不注意で転んでしまい、足首の脱臼と三果骨折とゆう3箇所の骨折をしてしまいました。足首の骨折の中ではかなりの重症だそうです」とインスタグラムで報告。しばらく休養をとるとして、翌18日に京セラドーム大阪で行われる「関西コレクション 2016A/W」も急きょ出演をキャンセルした。

道端は20日、病院のベッドで横たわる自身の写真と共に「3時間半の手術無事終わりました」と報告。「すごく不安で緊張したけど、、、支えてくださったみなさまありがとうございました」と感謝を述べた。

ケガによるストレスも落ち着いたようで、翌朝には「久しぶりにたくさん寝れました 今まで痛みと不安で2時間も寝てなかったので 今も痛いけど、色んな不安がなくなったからか、爆睡でした」と笑顔の自身の写真をアップし、元気そうな様子を見せた。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:9月21日(水)14時8分

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。