ここから本文です

大坂なおみに完敗チブルコワ「危険で崩すことが出来ない選手」<女子テニス>

tennis365.net 9月21日(水)20時12分配信

東レ パン パシフィック オープンテニス

女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニス(東京/有明コロシアム、ハード、WTAプレミア)は21日、シングルス2回戦が行われ、2-6, 1-6で完敗した第6シードのD・チブルコワ(スロバキア)は試合後の会見で、対戦した18歳の大坂なおみ(日本)について「危険で、なかなか崩すことが出来ない選手」とコメントした。

【東レPPO対戦表】

この日、2014年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)ファイナリストのチブルコワは大坂の強打に押され、6度ブレークを許して1時間3分で力尽きた。

「彼女(大坂)は積極的にプレッシャーをかけてきた。いいプレーが出来ず、悪いテニスになってしまった」

前日、L・サファロバ(チェコ共和国)との1回戦でフルセットの戦いを強いられたチブルコワは「足が思うように動かなかった。完璧な状態ではなかった」と明かした。

続けて「大変な試合になるのはわかっていたけど、チャンスを活かすことが出来なかった」と完敗を認めた。

大坂については「重たいボールを打ってくる。優れたポテンシャルを持っていると思う」と称賛。

また、世界ランク2位のS・ウィリアムズ(アメリカ)と比較し「優れたサービスを打つ点は似ている。ベースライン付近で速い球を打ってくるところも似ていると思う」と述べた。

勝利した大坂は準々決勝で、第3シードのKa・プリスコバ(チェコ共和国)とA・サスノビッチ(ベラルーシ)の勝者と対戦する。

tennis365.net

最終更新:9月21日(水)20時12分

tennis365.net