ここから本文です

アンジェリーナ・ジョリーの敏腕弁護士、ローラ・ワッサーが明かすセレブ離婚の裏事情

ELLE ONLINE 9月21日(水)22時40分配信

数多くのハリウッドセレブを顧客に持ち、婚前契約や離婚協議を専門とする敏腕女性弁護士のローラ・ワッサー。アンバー・ハードとの離婚が成立したジョニー・デップの代理人を務めた彼女は、離婚申請したばかりのアンジェリーナ・ジョリーもクライアント。ちなみに、アンジーとビリー・ボブ・ソーントンの離婚時も担当。売れっ子弁護士が『Bloomberg』のインタビューで明かしたセレブカップルの離婚における裏事情とは?

アンジェリーナ・ジョリーが離婚申請!前日までブラッド・ピットは知らされず

まずは配偶者に離婚の意志を伝える

メディアに掲載される前にまず、離婚の意志があることを配偶者に伝えるように指示。そうしないと、相手は報道を通してそれを知ることになってしまう。「とにかく展開が速いの」とワッサー。「クライアントへの対応は、『OK、今日すぐにスタッフに申請させるわ。OK、今、申請の列に並んでいるわ。OK、もう申請が終わったわ。(有名ゴシップサイトの)TMZに1時間以内に掲載されるわよ』という感じ」のスピード展開だとか。事実、ブラッド・ピットがアンジェリーナ・ジョリーから離婚の決意を知らされたのは、離婚申請した前日だった!

申し立て前に離婚協議の交渉をする

正式に裁判所へ離婚の申し立てをする前、相手と離婚協議の交渉をすることが大事。それに、すべての詳細を公式の書類に記す必要はない。メラニー・グリフィスは2014年にアントニオ・バンデラスと離婚。「TMZに記事が掲載される1年前には、交渉を始めたわ。1年半まではかからなかったけど」と水面下で進めていたことを明かした。「離婚の申し立てをした際、アントニオと私の間で合意した個人的な取り決めがいくつかあったけれど、公にならないように公式の書類には記載しなかった」とワッサー流のルールも。

模擬裁判で離婚訴訟

セレブの離婚訴訟は、ワッサーのオフィスで非公開の模擬裁判のかたちで進められることもしばしば。訴訟中に起こることが新聞沙汰になるのを防げるそう。とはいえ、注目度の高いセレブカップルとなれば、アンバー・ハードとジョニー・デップの裁判のように供述録取の内容まで明るみになることも避けられない!?

婚前契約(プレナップ)は必要不可欠

莫大な資産を保有するセレブの結婚に必要不可欠なのは、婚前契約(プレナップ)。「若い女性に多いけれど、婚前契約は必要ないというの。だって恋に落ちているから、『私たちは絶対に別れないわ』という感じよ」。それでも、ワッサーが重要性を訴えるのは、多くのセレブが住むカリフォルニア州では、婚姻中に得た資産は夫婦のものだから。つまり、離婚時にはその半分をパートナーに渡す必要がある。ブリトニー・スピアーズが無名だったダンサーのケヴィン・フェダーラインと結婚するとき、ワッサーが婚前契約を結ばせたおかげで離婚で多くの財産を失わずに済んだそう。

最終更新:9月21日(水)22時57分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。