ここから本文です

TOKIO・山口達也、プロ級職人技を披露で「また俺曜日間違えてる?」。「れっきとした職人」と賞賛の声も

E-TALENTBANK 9月21日(水)21時10分配信

20日放送の日本テレビ系「幸せ!ボンビーガール」でTOKIOの山口達也が披露した職人技が話題になっている。

2時間スペシャルで放送された同番組では、鹿児島県甑島(こしきしま)で古民家を手直しして民宿開業を目指す、地域おこし協力隊の柴田美咲を手伝うため、山口やモデルの森泉ら番組レギュラー陣総動員で駆け付けた。

掘りごたつをいろりに改造するべく、鍋などを吊り下げるための道具「自在鉤(じざいかぎ)」を作ることになった山口は、竹の採取から加工までを行うことになった。初めて竹の加工をしたのは20年前だという山口は2日間かけて真剣な目つきで作業に取り組み、「あれ、また俺(『ザ!鉄腕!DASH!!』と)曜日間違えてる?」と発言してスタッフの笑いを誘っていた。

その後、山口は森と一緒にヒノキの木を加工することになり、ミリ単位の作業に臨む山口を見ながら「私(TOKIOの)ライブ行ったことあるけどこんな顔してなかったよ」と、森は山口の真剣な表情についてコメントした。この発言に山口は「ベースは目を瞑っても弾けるけど、ノコは目開けてないとひけないんだよ」と返していた。

番組を見ていた視聴者はTwitterで「山口さん別の番組でも作業してて益々ジャニーズから職人になって来てるなぁw」「山口達也がひたすら竹を加工してる目付きがアイドルではないし大工通り越して芸術家の域に達してるw」「もうアイドルの仕事ではないww れっきとした職人」と、山口の職人技を絶賛していた。

最終更新:9月21日(水)21時10分

E-TALENTBANK