ここから本文です

アトレティコが忘れられない…… チェルシーGKがスペインへの愛語る「半分スペイン人なんだ」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/21(水) 14:10配信

チェルシーでのプレイに不満?

2014年夏にアトレティコ・マドリードからチェルシーに復帰したGKティボ・クルトワは、今でもアトレティコに特別な感情を抱いているようだ。

スペイン『MARCA』によると、クルトワはアトレティコが家族のようなクラブだと語り、別れるのが辛かったと告白。スペインの食事やライフスタイルも気に入っていたようで、ベルギー出身ながら半分はスペイン人だと愛情を示した。

「アトレティコに別れを告げたのは辛いものだった。簡単なことではなかったし、泣いたよ。アトレティコは家族のようなクラブだ。まだ彼らの愛を感じている。最初から僕はスペインを気に入っていたんだ。人々もライフスタイルも食事もね。今でもほとんどスペインのテレビを見ているし、半分スペイン人なんだ」

クルトワとチェルシーの契約は2019年まで残っているものの、今年の春にもクルトワはアトレティコのライバルクラブであるレアル・マドリードに向かうのではと噂されるなど、退団説もあった。クルトワがチェルシーでの生活に100%満足しているわけではないのは明らかで、今回の発言も注目を集めるだろう。

クルトワはいつかはスペインに帰るともコメントしているが、クルトワはチェルシーには愛情を感じていないのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/21(水) 14:10

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]