ここから本文です

ヤヤ・トゥレの代理人は謝罪しろ ペップが明かすメンバー外の理由「代理人が喋ったからヤヤは外した」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/21(水) 15:20配信

代理人の謝罪を求める

今季からマンチェスター・シティの指揮官に就任したジョゼップ・グアルディオラは、これまでチームを支えてきたMFヤヤ・トゥレを全く起用していない。チャンピオンズリーグのメンバーにも入っていない状況で、完全に干されてしまっている。その問題はヤヤ・トゥレの代理人を務めるディミトリ・セルク氏の発言にあったようだ。

セルケ氏はヤヤ・トゥレが起用されていないことについて、以前グアルディオラを厳しく批判している。ヤヤ・トゥレが起用されていないのはセルク氏の度重なる発言が問題となっているようで、グアルディオラはセルク氏がクラブに謝罪しない限りヤヤ・トゥレにチャンスは与えないと厳しい口調でコメントした。英『Daily Mail』が伝えている。

「ヤヤをチャンピオンズリーグのメンバーから外すのは難しかったよ。私は彼を知っているし、良い人だしね。だが、代理人が喋ったからヤヤは外した。セルクは私に直接言う度胸がなく、メディアに言うんだ。私は指揮官として全ての選手の代理人がそういうことをメディアに言うのは受け入れられない。セルクがヤヤを愛しているのは分かっているが、それなら彼が何をしたのかクラブに謝るところを私に見せないと」

「私の世代では信じられないよ。選手の代理人がメディアを通して監督について話すなんてね。セルクが謝るまで、ヤヤはプレイしないだろう」

最近はズラタン・イブラヒモビッチの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏など、代理人の発言が目立つことが多くなっている。バイエルンを率いるカルロ・アンチェロッティも代理人の存在感が大きくなりすぎていることを懸念していたが、グアルディオラも不満に思っていたようだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/21(水) 15:20

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています