ここから本文です

パイレーツ・オブ・カリビアン最新作、2017年7月に公開決定

Billboard Japan 9/21(水) 15:25配信

 パイレーツ・オブ・カリビアンのシリーズ最新作の邦題が『パイレーツ・オブ・カリビアン / 最後の海賊』に決定し、2017年7月1日に日本公開されることが決定した。

 前作に続いて伝説の海賊ジャック・スパロウ役をジョニー・デップ、ヘクター・バルボッサ役をジェフリー・ラッシュが演じる他、第4作に登場しなかったオーランド・ブルームが復帰する。その他、悪役を演じさせたら右に出るものがいないハビエル・バルデムが、21世紀最大の悪役として、全海賊の滅亡を謀る“海の死神”サラザール役に。また、『マレフィセント』など話題作への出演が続き、現在ハリウッドで最も注目されているイケメン俳優ブレントン・スウェイツの出演も決定。物語の鍵を握る、強く美しいヒロインを演じるのは、『メイズ・ランナー』シリーズ等で活躍の新進気鋭の若手女優カヤ・スコデラーリオだ。タイトルの「最後の海賊」とは一体どういう意味なのか。今後の情報を楽しみに待ちたい。

最終更新:9/21(水) 15:25

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]