ここから本文です

【ビルボード】嵐、402,758枚売り上げJAPAN HOT100総合首位 RADWIMPS、3週連続で2位

Billboard Japan 9/21(水) 15:25配信

 日テレ系リオ五輪のテーマソングが収録された嵐『Power of the Paradise』が、初動1週間で計402,758枚を売上げ、セールス1位、ルックアップ2位で総合首位となった。他指標ではラジオ12位、Twitter6位と、高ポイントをこちらでも獲得、相変わらずの強さを誇り2位以下に大差をつけての総合首位だ。

 RADWIMPSの4曲が3週連続でトップ10にチャート・インし続けている。特に「前前前世」は、ラジオ5位、ダウンロード1位、Twitter1位、動画再生1位と高ポイントを維持、ツイート数は64,574回、動画再生回数は6,185,120回と、前週より微減とはいえ今年を代表する楽曲のひとつとなっている。

 JY「好きな人がいること」は、月9ドラマのクライマックスと共に、総合3位に順位を3つ上げた。これは、ダウンロード6位、ストリーミング1位、ルックアップ6位、動画再生2位と、引き続きのデジタル関連でのポイントの強さに加え、レンタル解禁を受けてルックアップでのポイントを伸ばした結果といえる。

 ダウンロードで独占状態だったRADWIMPS4曲に割って入る形になったのは、ONE OK ROCK「Taking Off」。今週はダウンロード2位、Twitter8位とポイントを両指標で伸ばし、総合4位にジャンプ・アップ。また、リリースを間近に控え、宇多田ヒカル「道」、星野源「恋」、米津玄師「LOSER」が初登場。宇多田ヒカルと星野源はラジオで1位2位、米津玄師はTwitter2位と、ポイントを伸ばした指標はそれぞれ異なるが、等しく注目度の高さを物語っていて、発売開始時期のジャンプ・アップは確実だ。

◎【JAPAN Hot100】トップ20
1位「Power of the Paradise」嵐
2位「前前前世」RADWIMPS
3位「好きな人がいること」JY
4位「Taking Off」ONE OK ROCK
5位「なんでもないや」RADWIMPS
6位「夢で夜空を照らしたい」高海千歌(伊波杏樹),桜内梨子(逢田梨香子),渡辺曜(斉藤朱夏),津島善子(小林愛香),国木田花丸(高槻かな子),黒澤ルビィ(降幡愛)
7位「スパークル」RADWIMPS
8位「最高かよ」HKT48
9位「夢灯籠」RADWIMPS
10位「CHEER UP! THE SUMMER」山下達郎
11位「世界に一つだけの花」SMAP
12位「道」宇多田ヒカル
13位「恋」星野源
14位「Hero」安室奈美恵
15位「LOSER」米津玄師
16位「金の愛、銀の愛」SKE48
17位「Endless Summer」チャン・グンソク
18位「Orange」SOLIDEMO
19位「LOVE TRIP」AKB48
20位「裸足でSummer」乃木坂46

最終更新:9/21(水) 15:25

Billboard Japan