ここから本文です

クリス・ハート さだまさしの名曲カバーを本日リリース&人気カバー新AL詳細発表!!

Billboard Japan 9月21日(水)15時25分配信

 クリス・ハートが本日21日発売となる3年半ぶりのカバーシングル『いのちの理由』をリリース。そして累計120万枚突破の人気カバーシリーズ待望の新作『Heart Song Tears』のジャケット写真、収録曲が解禁となった。

 今回、さだまさしの名曲『いのちの理由』をカバーしたクリス・ハート。子供が生まれ、日本人として生きて行くクリスが、新たな決意を胸に「いのち」について想いをこめて歌い上げたバラードで、4月の初の武道館ワンマンライブでもアンコールにて披露した楽曲だ。クリス・ハートは今作に対して次のようにコメントを寄せている。

 「今年に入って、両親がアメリカから初めてライブを見に来てくれることになったり、初めての子供が生まれたり、たくさんの嬉しい出来事がありました。歌ってきて良かった、生きてきて良かったと心から思いました。そんな中で、この気持ちを表現したいと思っていた時に出会った楽曲が、さだまさしさんの「いのちの理由」です。

「私が生まれて来た訳は、父と母とに出会うため」
「私が生まれて来た訳は、愛しいあなたを護るため」

上記の歌詞や、この楽曲の中の「しあわせになるために誰もが生まれてきたんだよ」というメッセージに感動して、実際にさだまさしさんともお会いして二人でお話しをさせていただいたうえで、武道館ライブでも歌わせて頂きました。よりたくさんの方々にこの楽曲のメッセージをお届けしたいと思い、今回シングルとしてリリースさせて頂くことになりました。ひとりでも多くの皆さんと、感動を共有させていただけたら嬉しいです。」

 なお、カップリングには秦基博の名曲「ひまわりの約束」と、新鋭シンガーソングライター村上佳佑とデュエットしたコブクロ「蕾」のカバーも収録される。

 また、「いのちの理由」を収録した人気カバーシリーズ『Heart Song Tears』のジャケット写真と収録曲が、遂に解禁となった。カバーアルバム第4作目は「涙」をテーマにした全13曲を収録。

 クリス・ハートは、今回のカバーアルバムについて
「人生には、悲しい時に流す涙も、嬉しい時に流す涙もあります。 今回のHeart Songでは、「涙」をコンセプトに曲を選びました。皆さんもこのアルバムを聴いていろいろな涙を感じて頂ければ嬉しいです。」
とコメントをしている。

◎NEW SINGLE情報
『いのちの理由』
2016/9/21(水) Release 
UMCK-5609 1,200円(税抜)

M-1. いのちの理由
M-2. ひまわりの約束
M-3. 蕾(クリス・ハート with 村上佳佑)

◎NEW ALBUM情報
『Heart Song Tears』
2016/10/19(水)Release
初回限定盤DVD付3,800円(税抜)UMCK-9867
通常盤3,000円(税抜)UMCK-1556    

※収録曲は初回盤・通常盤ともに同一
01.いのちの理由
02.ひまわりの約束
03.言葉にできない
04.蕾 (クリス・ハート with 村上佳佑)
05.なごり雪
06.初恋
07.あの頃へ
08 FINAL DISTANCE
09.さよなら大好きな人
10.見上げてごらん夜の星を
11.明日への手紙
12.旅立ちの日に
13.TOMORROW


クリス・ハート 日本武道館
LIVE 2016 “僕はここで生きていく”~47都道府県Tour 2015-2016~続く道~FINAL~ より

01.まもりたい~magic of a touch~
02.どんなときも
03.I LOVE YOU
04.Still loving you
05.糸
06.僕はここで生きていく
07.あなたへ
08.I Believe~手をつなごう~ with May J.
09.home
10.memento
11.いのちの理由

最終更新:9月21日(水)15時25分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。