ここから本文です

ポケGO、お台場に数百人殺到…警視庁改善要請

読売新聞 9月21日(水)16時47分配信

 東京・お台場で今月18日、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の珍しいキャラクターが出現し、「路上に人があふれて危険だ」などと110番が相次いでいたことが、警視庁への取材で分かった。

 同庁東京湾岸署はゲームの運営会社に対し、キャラクターの出現場所などの設定について改善を要請した。

 同庁関係者によると、18日午後、ゲーム内で出現することがまれなキャラクター「ラプラス」がお台場に出現。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などで情報が広まり、少なくとも数百人に上る人がスマホを持って周辺に殺到したという。車道にはみ出して歩いたり、信号を無視したりする人もいた。駆けつけた警察官が1時間以上にわたって対応に追われたという。

最終更新:9月21日(水)17時31分

読売新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。