ここから本文です

衆院東京10区補選、若狭氏を公認候補に…自民

読売新聞 9月21日(水)17時53分配信

 自民党は21日、小池百合子氏の東京都知事転出に伴う衆院東京10区補欠選挙(10月11日告示・23日投開票)について、若狭勝衆院議員(59)(比例東京)を公認候補として擁立すると発表した。

 若狭氏を推していた小池氏との対立を回避したい同党の思惑が働いた。

 若狭氏は都知事選で党方針に反して小池氏を支援したため、党東京都連が一時、独自候補の擁立を検討し、保守分裂の恐れもあった。だが、党本部と党都連が公募で折り合い、今回、応募した45人の中から若狭氏が選ばれた。都知事選を巡り、党都連にはなお、小池氏に対する反発は残るが、候補者の一本化で落ち着いた。古屋圭司選挙対策委員長は公認発表の記者会見で、党による情勢調査の結果、若狭氏が優位だったことを挙げ、「絶対に勝てる選挙をするということも勘案した」と述べた。

 衆院東京10区補選を巡っては、民進党が新人の鈴木庸介氏(40)、共産党が新人の岸良信氏(61)の擁立を決めている。

最終更新:9月21日(水)17時55分

読売新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。