ここから本文です

英首相、EU離脱しても「内向きにはならない」

読売新聞 9月21日(水)19時16分配信

 【ロンドン=角谷志保美】英国のメイ首相は20日、国連総会で初の一般討論演説を行い、英国が欧州連合(EU)を離脱しても「内向きにはならない」と述べた。

 「自信に満ち、強く、頼りになる国際パートナーであり続ける」と強調し、国連安全保障理事会の常任理事国や北大西洋条約機構(NATO)の主要メンバーとして、世界の平和と安定に貢献する決意を表明した。

 また、テロや貧困、難民問題などの重要課題で国際協力の強化を訴え、2020年以降の地球温暖化対策の国際的枠組みとなる「パリ協定」を年内に批准する方針も明らかにした。

最終更新:9月21日(水)19時27分

読売新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。