ここから本文です

日銀、長期金利0%に誘導…新政策目標

読売新聞 9月21日(水)21時48分配信

 日本銀行は21日の金融政策決定会合で、金融緩和の枠組みを変更し、軸足をこれまでの世の中に出回るお金の「量」から、長期と短期の「金利」に移すことを決めた。

 金融機関が日銀に預けているお金の一部に事実上の手数料を課す「マイナス金利政策」の金利と、10年物国債の流通利回り(長期金利)を目標とする。主要国の中央銀行が長期金利を金融政策の目標とするのは異例で、日銀の取り組みは新たな局面に入った。

 黒田東彦(はるひこ)総裁は会合後の記者会見で、「新たな政策枠組みの下で、2%の(物価目標の)実現に向けてより一段と強力な金融緩和を実現する」と述べた。その上で、「量、質、金利で追加緩和の余地はあり、必要に応じて行う」と強調した。

 日銀はマイナス金利については年マイナス0・1%を維持し、長期金利については現在の市場金利と同水準の0%程度で推移するよう国債を買い入れることを決めた。日銀はこの枠組みの導入を、7対2の賛成多数で決めた。日銀が利回りを指定する新たな国債買い入れの手法も導入する。

最終更新:9月21日(水)23時21分

読売新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]