ここから本文です

【完全レポ】BABYMETAL、東京ドーム2日目! 土砂降りの夜、「BLACK NIGHT」を速攻レポート!

RO69(アールオーロック) 9月21日(水)19時0分配信

BABYMETALが、9月20日に東京ドーム公演2days 2日目「BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND -METAL RESISTANCE- BLACK NIGHT」を行った。RO69では、この模様をロングレポートでお届けする。

-------------------------------

●セットリスト
1.BABYMETAL DEATH
2.あわだまフィーバー
3.ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
4.META!メタ太郎
5.Sis. Anger
6.紅月 -アカツキ-
7.おねだり大作戦
8.NO RAIN, NO RAINBOW
9.ド・キ・ド・キ☆モーニング
10.メギツネ
11.ヘドバンギャー!!
12.イジメ、ダメ、ゼッタイ


日本人初のUKウェンブリー・アリーナ公演を皮切りに計8ヶ国・22公演に及んだBABYMETAL3度目のワールドツアー「BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND -METAL RESISTANCE-」も、いよいよ東京ドーム公演2日目「BLACK NIGHT」を残すのみとなったこの日。
折からの台風16号接近により、東京は1日目「RED NIGHT」よりも強い雨と風に見舞われたが、それでも19時の開演時間を目指して、5万5千人の観客がドームの客席を埋め尽くしていた。以下、1日目レポに続き「BLACK NIGHT」の模様をダイジェストでレポート!

円形ステージから、棺の形をした3本の花道が客席エリアに伸びている、という舞台設定は昨日と同じだが、プロデューサー=KOBAMETALも映像コメントで告げていた通り、今回の東京ドーム公演はアルバム2作品を2日間で全曲カブリなしで披露するということで、2ndアルバム『METAL RESISTANCE』を中心とした「RED NIGHT」とは、この日のライブはまったく異なる一夜になることはすでに判明している。
開演前に流れた「首の準備はできているか?」という初期ライブでお馴染みだったアナウンスも、「BLACK NIGHT」の内容が1stアルバム『BABYMETAL』中心のアクトへの予感を駆り立てていく。

この日のライブの幕を開けたのはやはり、『BABYMETAL』のオープニングナンバー“BABYMETAL DEATH”。神バンドが重轟音アンサンブルを奏でる中、SU-METAL(Vocal&Dance)/YUIMETAL(Scream&Dance)/MOAMETAL(Scream&Dance)の3人はそれぞれ花道の先端に、十字架に磔になった形で登場。5万5千人の「B・A・B・Y・M・E・T・A・L」コールとハイジャンプでドームが激しく揺れていく。

続いて、デジタルハードコア×ダンスポップの極致的楽曲“あわだまフィーバー”の「あわだまダンス」と弾けんばかりの歌声で客席を沸かせたところへ、「Sing it!」「もっとー!」とシンガロングを煽るSU-METALに応えて、地鳴りのように歌声が沸き起こる! さらに、“ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト”のラウド&キュートな歌とパフォーマンス、3人でボーカルパートを回しての“META!メタ太郎”で巻き起こした一大メタル行進曲的な一体感と高揚感――。『BABYMETAL』の世界観を軸としながらも、その唯一無二のメタルポップを格段に進化させた2nd『METAL RESISTANCE』の楽曲を巧みに織り込んで、珠玉の狂騒理想郷を生み出していた。

「RED NIGHT」が「“BABYMETAL最新型”をドームに刻む夜」とすれば、この日の「BLACK NIGHT」は、「初期からの歩みを5万5千人とともに分かち合う夜」という意味合いが強かったように思う。特効の火の玉が噴き上がる中、決然とした歌がどこまでもドラマチックに響いたSU-METALソロ曲“紅月 -アカツキ-”も、YUIMETAL&MOAMETALの躍動感あふれる“おねだり大作戦”も、満場のオーディエンスの熱い感激とともに、この巨大な舞台で新たな伝説の瞬間を描き出していた。
そんな中、エクストリームメタル直系の激烈轟音をYUIMETAL&MOAMETALの《ざっけんじゃねーぞー おい!おら!》というコールが観客の情熱を震わせていた“Sis. Anger”、流麗なピアノメタルバラードをSU-METALが凛として歌い上げる“NO RAIN, NO RAINBOW”といった『METAL RESISTANCE』曲が、ひときわ鮮烈に頭と心に焼き付いていった。“NO RAIN~”で花道の先端から登場したSU-METALが、神バンドのツインギターソロ中に姿を消したかと思うと、いつの間にか舞台頂上で歌っている――といった大舞台ならではの演出も、会場の祝祭感を刻一刻と煽り立てていく。

3人揃って舞台頭上に登場した“ド・キ・ド・キ☆モーニング”からライブは一気にクライマックスへ突入。「Are you ready, Tokyo Dome?」のSU-METALのコールから流れ込んだ“メギツネ”では一面の「ソイヤソイヤ」コールとクラップの渦を巻き起こし、長い花道いっぱいに展開しての“ヘドバンギャー!!”での3人のアグレッシブな姿が、客席をヘドバンの嵐へと叩き込んでいく。
そして――5万5千人が首に巻いたLEDコルセットが赤く光り、東京ドームを紅蓮のバトルフィールドへ塗り替えたところで、「BLACK NIGHT」のラスト、そして長いワールドツアーのフィナーレを飾った楽曲は“イジメ、ダメ、ゼッタイ”! 神バンドの轟音サウンド&怒濤のツーバスを全身に浴びながら、渾身の歌とダンスパフォーマンスで、この大会場をオーディエンス一丸の「ダメジャンプ」で揺さぶってみせる。メタル×ポップという奇想天外なアイデアを、世界を魅了するエンターテインメントへと昇華したBABYMETALの真価が、痛快なまでの凄味と感動とともに押し寄せる、稀代の名演だった。ラストは舞台頂上でSU-METALの銅羅打ちと同時に花火が轟いて大団円!

すべての音が止んだ後で、満面の笑みで花道を練り歩きながら「We are!」「BABYMETAL!」のコール&レスポンスを呼び起こしていく3人。途中、つまづいたSU-METALとぶつかって転びそうになるYUIMETALをMOAMETALが支えたり、SU-METALが「We are!」コールをYUIMETAL&MOAMETALに委ねてみせたり……といった微笑ましい場面は、世界を舞台に戦った果てにこの巨大なステージに立っているのが3人の少女であることを改めて思い出させてくれた。

BABYMETALの伝説はまだ続く、という終演後のアナウンス以上に、何よりそのアクトそのものが、BABYMETALの「その先」への期待をかき立ててくれる、最高のステージだった。そして、2016年10月5日(水)には全国5ヶ所のZepp会場にて、東京ドーム2公演のディレイ中継によるライブビューイングが開催!(高橋智樹)

RO69(アールオーロック)

最終更新:9月21日(水)19時0分

RO69(アールオーロック)