ここから本文です

伏菟野小と長野小統合へ

紀伊民報 9/21(水) 17:01配信

 和歌山県田辺市教育委員会は20日、市議会文教厚生委員会で来年4月に伏菟野小学校(児童数5人)と長野小学校(同14人)を統合する方針を報告した。伏菟野小の児童数が減少し、来年度は学級数も減少するため。統合後の校舎は長野小を使用する。12月市議会に条例改正を提案する。

 本年度の伏菟野小児童は2年生2人、5年生2人、6年生1人で2学級。来年度は3年生2人、6年生2人の1学級になる。今後5年、入学予定者はいないという。同校は1876年に開校。ピーク時の1939年度には64人いた。

 今年6月に市教委と伏菟野小の関係者が来年度の同校の在り方について協議。7月に伏菟野小保護者会が統合の方針を決めた。伏菟野小側の提案を受け、8月に長野小保護者、地域も統合を了承した。来年度、伏菟野地区の児童4人は約3・4キロ離れた長野小にスクールタクシーで通学する。

最終更新:9/21(水) 17:01

紀伊民報

なぜ今? 首相主導の働き方改革