ここから本文です

強風で建物損壊や倒木

紀伊民報 9/21(水) 16:54配信

 20日昼すぎ、和歌山県田辺市付近に上陸した台風16号の突風により、市内各地で建物の損壊や倒木などの被害が相次いだ。

 芳養町芋地内の阪和自動車高架近くにある田畑では、梅農家、森本邦義さん(76)のトタン張り梅小屋の屋根が飛ばされ、小屋の中にあった梅のたるなどが散乱した。

 森本さんは「家からトタンが2、3枚飛ばされるのを見て駆け付けたが、全壊していた」と話した。

 芋地内ではほかに、町内会が管理運営している庚申さんの境内の木が折れたり、電柱が倒れるなどの被害が出た。

 中屋敷町では、しょう油・みそ醸造販売、小山芳輝さん(56)の自宅の板塀約10メートルが強風で倒れているのが見つかった。市道が通行止めとなった。けが人はなかった。

 現場は田辺郵便局から市役所方面に約100メートルの市道扇ケ浜龍神橋線沿い。瓦ぶきの板塀で、勝手口の門ごと道側に倒れて道をふさいだ。

最終更新:9/21(水) 17:04

紀伊民報