ここから本文です

秋の交通安全運動始まる

紀伊民報 9/21(水) 17:00配信

 秋の全国交通安全運動が21日始まった。30日までの期間中、各地でさまざまな啓発運動や交通安全教室が催される。 

 和歌山県の交通事故をなくする田辺市民運動推進協議会(会長=真砂充敏田辺市長)は同日、田辺市鮎川のJA紀南鮎川支所駐車場で決起集会を開いた。

 市や県の職員、田辺署員、交通安全協会田辺支部職員ら約40人が参加。会長の真砂市長は集会で、熊野古道の世界遺産追加登録に伴う交通量の増加を見据え、交通事故に対する注意を呼び掛けた。

 決起集会の後、同署員が国道311号を本宮方面に向かう車両を駐車場内に誘導し、参加者が交通事故防止を呼び掛けるパンフレットをドライバーに手渡した。

 同協議会は同日、龍神行政局や田辺消防署中辺路分署、熊野本宮大社前などでも街頭啓発を実施した。

最終更新:9/21(水) 17:00

紀伊民報