ここから本文です

まちづくり協定締結 かほく市とイオン

北國新聞社 9月21日(水)3時12分配信

 イオン(千葉市)は20日、かほく市と「住みよいまちづくり連携協定」を結んだ=写真。かほく市民の健康増進や地域産業活性化など9項目が盛り込まれ、取り組みの第1弾として10月1日から、イオンモールかほくを活用したウオーキング事業を始める。

 市役所で行われた締結式では、油野和一郎市長とイオンリテール取締役専務執行役員の後藤俊哉近畿・北陸カンパニー支社長が協定書を交換した。

 ウオーキング事業に使われる、市マスコットキャラクター「にゃんたろう」などが描かれた電子マネーカード「かほくにゃおんWAON(ワオン)カード」もお披露目された。

北國新聞社

最終更新:9月21日(水)3時12分

北國新聞社

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。