ここから本文です

「勝利への執念」でレスター撃破 チェルシー指揮官、2得点のセスクを称賛

SOCCER KING 9/21(水) 16:30配信

 フットボールリーグ・カップ(EFLカップ)3回戦が20日に行われ、日本代表FW岡崎慎司所属のレスターとチェルシーが対戦。延長戦の末、チェルシーが4-2で勝利を収めてベスト16進出を決めた。

 試合後、チェルシーのアントニオ・コンテ監督が勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 チェルシーはレスターの岡崎に2ゴールを許して0-2とビハインドを負ったが、前半アディショナルタイムと49分のゴールで同点に追い付いた。そして延長戦でスペイン代表MFセスク・ファブレガスが2ゴールを挙げ、4-2と勝利を収めた。

 コンテ監督は「イングランドらしい試合だった」と打ち合いの感想を語り、「0-2とされてからのリアクションは評価できる。2失点は不満だが、勝利への執念は見事だった。勝利に対する強い姿勢を貫き通すことが何よりも大事なんだ」と選手たちを称えた。

 そして、延長戦で2ゴールを挙げたセスクについては「彼の活躍は嬉しいものだよ。トレーニングでも素晴らしい姿勢を示してくれているし、今夜の試合でも期待に応えてくれた。彼の振る舞いには満足しているよ」とコメント。プレミアリーグでは出場機会に恵まれていない中、しっかりと結果を残した同選手を称賛した。

「チーム内の競争は激しいね。良い流れだよ。試合ごとに最高のメンバーを選んでいきたい」

 選手間の競争激化に手応えを示したコンテ監督。チェルシーは次戦、24日のプレミアリーグ第6節でアーセナルとアウェーで対戦する。

SOCCER KING

最終更新:9/21(水) 16:30

SOCCER KING