ここから本文です

クロップ、敵に塩を送っていた? 愛弟子ギュンドアンのマンC移籍に助言

SOCCER KING 9/21(水) 16:21配信

 リヴァプール指揮官のユルゲン・クロップ監督が、ドルトムント時代の愛弟子であるドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンにマンチェスター・Cへの移籍を勧めていたことが明らかになった。ドイツ紙『ビルト』が報じ、イギリスメディア『スカイスポーツ』が20日付で伝えている。

 今年6月に日本代表MF香川真司が所属するドルトムントからマンチェスター・Cへの移籍が公式発表されたギュンドアン。今夏からマンチェスター・Cの指揮官に就任したジョゼップ・グアルディオラ監督にとって同クラブ初の補強選手となっている。14日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節ボルシアMG戦で、新天地デビューを果たした。

 同紙のインタビューで、ギュンドアンは「正直にいうと、プレミアリーグが私に合うかどうかについてクロップにアドバイスを求めたんだ。彼はここで僕が活躍できるし、プレースタイルも完璧に合うだろうと言ってくれた。僕の確信が正しかったことがわかったよ」と語り、移籍を決める際にクロップ監督に相談していたことを明らかにした。
 
 また、グアルディオラ監督の印象について、「凄まじいカリスマ性を持っているよ。サッカーについて少しでも知識のある人なら、ペップのサッカーが常に優勢で成功していることを知っている。彼がある選手を欲しがるということは大きな意味がある。僕は彼が最初に欲しがった選手だったらしいし、(オファーがあった)当時は負傷中だったから、何か返事をしなきゃと思ったよ」と絶賛。オファーがあった時のことを振り返り、求められたことが嬉しかったと口にしている。

SOCCER KING

最終更新:9/21(水) 16:21

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]