ここから本文です

ミラン主将モントリーヴォ、今季初の連勝に満足「一体となって戦った」

SOCCER KING 9/21(水) 13:01配信

 セリエA第5節が20日に行われ、日本代表FW本田圭佑の所属するミランはホームでラツィオと対戦し、2-0で勝利を収めた。試合後、フル出場を果たしたイタリア代表MFリッカルド・モントリーヴォが、イタリアメディア『メディアセット』のインタビューに答えている。

 主将のモントリーヴォは「我々はとても満足しているよ。最初の10分を除いて、上手く試合に対処できたと思う。チームとしてプレーし、この2試合は一体となって戦うことができた」と振り返り、今シーズン初の2連勝に手応えを感じていることを明かした。さらに、「これからもこのような精神で戦わなければならない。ラツィオはクオリティーの高いチームであったが、自分たちは素晴らしく、具体的な考えを持ち、厳しさもあった」と続け、チームの戦いに満足感を示した。

 同試合では18歳のUー19イタリア代表MFマヌエル・ロカテッリが途中出場を果たしている。モントリーヴォは同選手について、「将来が有望な選手であることは間違いない。ドンナルンマやカラブリアのように若い選手がいることは良いことだ」とその将来性に期待を寄せた。

 ミランは次節、敵地でフィオレンティーナと対戦する。モントリーヴォは「ヨーロッパのカップ戦出場の目標に向けて鍵となる試合だ」と重要な一戦であるとの認識を示し、気を引き締めた。

SOCCER KING

最終更新:9/21(水) 13:01

SOCCER KING