ここから本文です

大宮、ブータンでサッカー教室を実施へ 東京五輪に向けた交流が目的

SOCCER KING 9/21(水) 18:39配信

 大宮アルディージャは21日、23日から27日にかけてブータンでサッカー教室を実施すると発表した。

 このサッカー教室は、ブータンサッカー連盟及び在ブータン日本国大使館による協力の下、現地の小学生約150人を対象にブータンナショナルスタジアムで開催される予定。大宮OBの橋本早十氏と、同クラブで育成普及本部のプロジェクトマネージャーを務める秋元利幸氏が講師となる。

 クラブは今回ブータンでサッカー教室を行う目的として、日本とブータンの更なる交流の発展及び2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた更なる交流を挙げている。

SOCCER KING

最終更新:9/21(水) 18:45

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

なぜ今? 首相主導の働き方改革