ここから本文です

先発の浅野&細貝に高評価 「能力の片鱗を見せた」「期待していた姿」

SOCCER KING 9月21日(水)19時44分配信

 ドイツ・ブンデスリーガ2部の第4節が20日に行われ、日本代表FW浅野拓磨とMF細貝萌が所属するシュトゥットガルトは、開幕5連勝で首位に立つブラウンシュヴァイクとホームで対戦した。

 浅野、細貝ともに2戦連続で先発メンバーに名を連ね、2-0の勝利に貢献。2連勝を飾ったチームは2位に浮上した。

 また、68分までプレーした浅野は、64分に正確なクロスを供給。ケヴィン・グロスクロイツがこれを決め、移籍後初のアシストを記録した。

 地元紙『Stuttgarter Zeitung』は「能力の片鱗を見せ、サイドでスピードに乗って攻撃を仕掛けた。しかし、パスの精度とコース取りに関してはもう少し上手くなる必要がある」と、ポテンシャルの高さを認めつつも、当面の課題を挙げた。

 さらに細貝に関して「これこそ、チームが期待していた姿。競り合いでのアグレッシブさ、中盤でのポジショニングの良さ、そして確実なビルドアップ。細貝はこのままやっていってくれるだろう」と、褒め言葉が並んだ。

 シュトゥットガルトは次節、24日にアウェーでボーフムと対戦する。

SOCCER KING

最終更新:9月21日(水)19時44分

SOCCER KING