ここから本文です

「2ゴールで自信回復」敗戦もレスター地元紙は岡崎を最高評価

ゲキサカ 9/21(水) 11:31配信

[9.20 EFL杯3回戦 レスター・シティ2-4チェルシー]

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは20日、イングランドフットボールリーグ杯(EFL)の3回戦でチェルシーと対戦し、2-4で敗れた。岡崎の2ゴールで90分を2-2で終えたレスターだが、延長に入りMFセスク・ファブレガスに2ゴールを許してしまった。

 公式戦3試合ぶりの先発となった岡崎が意地の2ゴールを決めた。まずは前半17分にヘディングで押し込み今季初ゴールを決めると、同34分には胸トラップから右足ボレーを蹴り込み、マルチゴールを記録。14日の欧州CL初戦ではまさかのベンチ外の屈辱を味わっていた岡崎だったが、さすがの勝負強さを見せつけた。

 チームは敗れたが、10点満点の採点を公開した『レスター・マーキュリー』は岡崎にチーム最高点の8点を付けて評価。「2つのゴールで失われた自信が回復するだろう。粘り強いハードワークを見せた」と称えた。

 その他ではMFダニー・ドリンクウォーターにも岡崎と同じ、チーム最高点の8点を与えている。後半終了間際にレッドカードで退場となったDFマルチン・バシレフスキにはチーム最低点を与え、「レッドカードは擁護できない」と厳しく論じた。

最終更新:9/21(水) 11:31

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]