ここから本文です

日本と対戦の豪州、“天敵”ケーヒルら招集…FC東京のネイサン・バーンズは招集外

ゲキサカ 9月21日(水)16時4分配信

 オーストラリアサッカー連盟は20日、10月のW杯アジア最終予選に向けてオーストラリア代表メンバー23人を発表した。

 今回のメンバーには日本の天敵、FWティム・ケーヒル(メルボルン・シティ)やMFミル・ジェディナク(アストン・ビラ)、MFマーク・ミリガン(バニーヤース)らベテランを招集。一方でFC東京のFWネイサン・バーンズやFWアポストロス・ギアンヌ(広州富力)らは招集外となっている。

 2連勝でグループB首位のオーストラリアは、10月6日にアウェーでサウジアラビア代表、同11日にホームで日本代表と対戦する。

 以下、オーストラリア代表メンバー

▽GK
アダム・フェデリチ(ボーンマス)
ミッチェル・ランゲラク(シュツットガルト)
マット・ライアン(バレンシア)

▽DF
ミロシュ・デゲネク(1860ミュンヘン)
アレックス・ガースバック(ローゼンボリ)
ライアン・マッゴーワン(河南建業)
トレント・セインズバリー(江蘇蘇寧)
ブラッド・スミス(ボーンマス)
マシュー・スピラノビッチ(杭州緑城)
ベイリー・ライト(プレストン)

▽MF
クレイグ・グッドウィン(ロッテルダム)
クリス・イコノミディス(オーフス)
ジャクソン・アーバイン(バートン・アルビオン)
ミル・ジェディナク(アストン・ビラ)
ジェームズ・ジェゴ(シュトゥルム・グラーツ)
マシュー・レッキー(インゴルシュタット)
マッシモ・ルオンゴ(QPR)
マーク・ミリガン(バニーヤース)
アーロン・ムーイ(ハダースフィールド)
トム・ロジッチ(セルティック)

▽FW
ティム・ケーヒル(メルボルン・シティ)
トミ・ユーリッチ(ルツェルン)
ロビー・クルーズ(レバークーゼン)

最終更新:9月21日(水)16時4分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。