ここから本文です

復調気配シュツットガルト、35歳指揮官招聘…細貝は浅野のアシスト喜ぶ

ゲキサカ 9月21日(水)22時16分配信

 日本代表FW浅野拓磨とMF細貝萌が所属するシュツットガルトが、20日にハネス・ボルフ氏(35)を新監督に迎えることを発表している。ボルフ監督はドルトムントの下部組織を指揮した経験を持つが、トップチームの指揮は初となる。ブログ(http://hajime-hosogai.net/archives/983)を更新した細貝は、「僕のやることは何も変わらないし、自分らしくやっていきたい」と新監督の下での再出発を誓った。

 シュツットガルトは15日にヨス・ルフカイ監督の退任を発表。ただチームは以降2連勝と巻き返している。また20日のブラウンシュバイク戦では浅野が加入後初アシストを記録するなど、存在感も見せている。細貝は「拓磨がスピードを生かし右サイドを突破してからの得点!」と喜ぶと、「彼には毎試合抜群のスピードをガンガン生かしてもらいたいですね!」と更なる活躍に期待を寄せた。

最終更新:9月21日(水)22時16分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]