ここから本文です

Eクラスオールテレインを世界初披露

carview! 9月21日(水)13時53分配信

メルセデス・ベンツは20日、Eクラスステーションワゴンをベースに開発した新型車「Eクラスオールテレイン」を公開した。Eクラスオールテレインは9月29日に開幕するパリサロンで世界初公開となる。

【写真をもっと見る(10枚)】

Eクラスオールテレインは、地上高を拡大する専用エアサスペンションや4MATICシステムを標準で装備する。また内外装の細部にもEクラスステーションワゴンと異なる専用デザインが取り入れられている。

具体的には、2本フィンタイプのフロントグリル、シルバーのロワグリルを持つ専用バンパー、ブラックのホイールアーチなどがEクラスオールテレインならではの特徴。ホイールも19インチまたは20インチの専用タイプとなる。

タイヤもEクラスに比べてサイドウォールが拡大した専用サイズの採用により、悪路での乗り心地が高められている。

標準装備のエアサスペンション「エアボディコントロール」は、35km/hまでの速度において、自動で車高を20mmアップする機能を持つ。これにより悪路走破性および対地障害角を向上させる。

このエアサスペンションの車高調整幅は最大35mm。Eクラスに比べると29mm地上高が拡大している。このうち14mmはタイヤサイズによるもので、残りの15mmはエアサスペンションによるものとなる。またESPのセッティングも専用に設計され、高い操縦安定性が追求されている。

パワートレインは、2リッター直4ディーゼルエンジン(最高出力194hp、最大トルク400Nmを発生する)「E220d 4MATIC」が最初に登場する。少し後に6気筒ディーゼルモデルが追加予定で、いずれのモデルもトランスミッションは9速オートマチックを採用する。

Eクラスオールテレインの発売は欧州では2017年春頃が予定されており、価格やスペックの詳細は2017年初め頃の公開が予定されている。

株式会社カービュー

最終更新:9月21日(水)16時0分

carview!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]