ここから本文です

トランプ氏は慈善基金を「私物ATM」として利用-リード院内総務

Bloomberg 9月21日(水)10時44分配信

米民主党のリード上院院内総務は20日に上院で、米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏が自身の慈善基金を「私物の現金自動預払機(ATM)」として利用したと批判した。同氏が営利ビジネスと慈善団体を区別なく運営しているとの報道をめぐる発言で、トランプ氏に対する民主党の攻撃は激しくなっている。

米紙ワシントン・ポストはトランプ氏が自身のビジネスに絡む複数の訴訟の和解金に慈善団体「トランプ財団」から25万8000ドル(約2600万円)を流用したほか、自画像などの購入にも財団の資金を充てたと報じた。

これを踏まえてリード院内総務は「個人が慈善基金を自分のために使うのは私的取引だ」とし、「これは違法行為だ」と付け加えた。

トランプ陣営の広報担当者ジェ-ソン・ミラー氏はコメントを控えた。

民主党候補ヒラリー・クリントン氏の陣営もこの報道を受けて、トランプ氏個人の財務情報の公開拡大を求めた。同陣営の広報担当クリスティーナ・レイノルズ氏は声明で「トランプ氏は自身にはルールが適用されないと考える詐欺師であることを再び証明した」とし、「自分の税金問題が個人の財務に及んでいないかを示すため、もういいかげんに納税申告書を公表したらどうか」とコメントした。

原題:Reid Says Trump Used Charity as ’Personal ATM,’ Citing Reports(抜粋)

Steven T. Dennis, Zachary Mider

最終更新:9月21日(水)10時44分

Bloomberg