ここから本文です

フォルクスワーゲン株主、計9300億円の損害賠償求める-排ガス不正で

Bloomberg 9月21日(水)19時15分配信

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)の株主らは、同社を相手取り排ガス不正に絡み計82億ユーロ(約9300億円)の損害賠償を求める訴訟を起こした。

VW本社のある地域を管轄するブラウンシュバイク地方裁判所は21日の声明で、現時点で約1400件の訴状を受理したと明らかにした。株主らは不正に関する情報開示の遅れで損失を被ったと主張している一方、VWはこれを否定している。

米当局が昨年9月18日にVWの不正を明らかにした後、2営業日でドイツ市場では同社株価が3分の1下落した。約1100万台のディーゼル車に影響が及んだこの不正発覚から1周年を迎えたが、株主らはVWが不正を認めてから1年以内に訴えを起こす必要があると危惧していた。

賠償請求額は弁護士らが先週書面で示唆していた107億ユーロをやや下回るものの、申し立て期限が不透明なため訴訟件数がまだ膨らむ恐れがある。地裁の声明によれば、全ての訴えを受理するのに約4週間要する可能性がある。

原題:VW Investors Seek $9.2 Billion in Germany in Diesel Scandal (1)(抜粋)

Karin Matussek

最終更新:9月21日(水)19時15分

Bloomberg