ここから本文です

連載40周年&コミックス200巻記念! 〈こち亀展〉日本橋高島屋で開催中/東京

Webマガジン コロカル 9/21(水) 12:02配信

コロカルニュースvol.1867

1976年の連載開始以来、「週刊少年ジャンプ」にて、なんと40年もの間一度も休載されることなく連載され(!)、多くのファンに惜しまれながらも最終回を迎えた、秋元治氏による人気少年漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。

【写真ギャラリーで見る】連載40周年&コミックス200巻記念! 〈こち亀展〉日本橋高島屋で開催中/東京

そんな「こち亀」の連載40周年&コミックス200巻発売を記念して、〈こち亀展 こちら中央区日本橋高島屋内派出所〉が、2016年9月26日(月)まで、日本橋高島屋8階ホールで開催中です!

〈こち亀展〉では、作者・秋元治氏監修のもと、40年間の連載で描かれた3万枚を超える中から厳選された原画を展示。そのほか立体造形物や、映像なども展示され、国民的ギャグ漫画「こち亀」の作品世界や、秋元先生の多彩なアイディアをたっぷりと体感できます。

秋元先生の完全書き下ろしで東京・神田明神に奉納された、全長8メートルにも及ぶ超大作「神田明神奉納こち亀絵巻」も特別展示。両津勘吉こと両さんの成長とともに、東京の情景や歴史のうつろいが描かれた、ファン必見の大作となっています。

〈こち亀展〉オリジナルグッズも、もちろん見逃せません。

高島屋のイメージフラワー・バラをあしらった麗子さんの「缶バッジ」や、重要文化財である高島屋店舗の前に、こち亀キャラクターたちが集合したアイテムなど、「日本橋高島屋」とのコラボレーションアイテムも。

「HELLO KITTY」とコラボした、衝撃的なビジュアルの「両さんキティちゃん」アイテムも登場します!

期間中、グッズ売場で税込1000円以上のお買い物をすると、先着1万名様を「こち亀展オリジナル200巻コミックスカバー」をプレゼント。これは、9月17日発売のコミックス200巻と合わせて、ファンなら絶対にゲットしたいアイテムとなりそうですね!

また、作中で両さんが巻き起こした事件が新聞紙面を飾るのは、「こち亀」の“オチ”の代表例ですが、なんと今回こち亀展会場では、本当に「読売新聞こち亀版」が発行されるとか。作中で起きた数々の事件や感動エピソード、個性豊かな登場キャラクターたちにスポットが当てられる、読売新聞と集英社の驚異のコラボレーション新聞となっているそうなので、ぜひ、会場でチェックしてみてくださいね!

「こち亀」の世界観に浸れる盛りだくさんの展示や企画で、ファンだけでなく、誰もがワクワク、楽しい気持ちになれそうな〈こち亀展〉。40周年&コミックス200巻発売で盛り上がる今、ぜひその熱を会場で体感してください。

information
連載40周年&コミックス200巻記念 こち亀展 こちら中央区日本橋高島屋内派出所
会場:日本橋髙島屋 8階ホール(東京都中央区日本橋2丁目4番1号)
日程:2016年9月14日~9月26日
入場料:一般800円/大学・高校生600円/中学生以下無料
主 催:こち亀展実行委員会(読売新聞社、集英社)
原 作:秋本治 企画協力:週刊少年ジャンプ編集部 展示協力:大日本印刷


writer profile
Yuki Hashimoto
橋本ゆうき
はしもと・ゆうき●長崎県出身。大学でデザインや工芸について学び、在学中より、これからの社会や暮らしについて考えるフリーペーパーを発行。その後、長崎県のタウン誌「ながさきプレス」に約5年勤務。編集長も務める。現在は、まちや地域、暮らしに携わる編集者。

【コロカルニュース】とは?
ローカルって、楽しい。ちょっと変な事件や不思議なブーム、うわさの面白い人、イベント告知、コロカル記事の取材エピソードなどなど。愛情を込めて、コロカル視点のおもしろニュースをご紹介!

最終更新:9/21(水) 12:02

Webマガジン コロカル