ここから本文です

寺内被告、27日初公判=少女誘拐事件―さいたま地裁

時事通信 9月22日(木)0時1分配信

 埼玉県朝霞市で2014年に当時中学1年だった少女(15)が誘拐され、今年3月に保護された事件で、さいたま地裁は21日、未成年者誘拐や監禁致傷などの罪に問われた寺内樺風被告(24)の初公判を27日午前10時半から開くことを決めた。

 
 少女は下校の際に行方不明になり、約2年後の今年3月27日、監禁されていた東京都中野区のマンションを抜け出し、警察に保護された。同被告は逃走先で自殺を図り首から血を流しているところを確保され、逮捕された。 

最終更新:9月22日(木)0時4分

時事通信

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。