ここから本文です

〔米株式〕NYダウ、ナスダックとも続伸(21日午前)

時事通信 9月22日(木)0時0分配信

 【ニューヨーク時事】21日午前のニューヨーク株式相場は、アジアや欧州の株高に加え、原油相場の上昇などを好感して続伸している。優良株で構成するダウ工業株30種平均は午前10時10分現在、前日終値比81.50ドル高の1万8211.46ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数は30.17ポイント高の5271.52。
 日銀は21日の金融政策決定会合で、長期金利を0%に誘導する金融政策の追加措置を決定。長期金利を誘導目標とし、長短金利差を操作する政策の新たな枠組みも導入した。これを受け、アジア株は全面高。欧州株も銀行株を中心に買われて軒並み上昇した。それに加え、原油相場の続伸も米株相場を押し上げている。
 しかし、米連邦公開市場委員会(FOMC)声明の発表とイエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長の記者会見を午後に控えて、積極的な商いは手控えられている。
 個別銘柄では、フェデックスが前日発表の好決算を受けて急伸。シェブロンやチェサピーク・エナジーなどエネルギー株も堅調。自社株買いと増配を発表したマイクロソフトも小高い。

最終更新:9月22日(木)2時27分

時事通信