ここから本文です

ツーリズムEXPO、きょう開幕 25日まで

Aviation Wire 9/22(木) 9:46配信

 日本観光振興協会(日観振)と日本旅行業協会(JATA)が主催する世界最大級の旅行イベント「ツーリズムEXPOジャパン」が、9月22日に東京・有明の東京ビッグサイトなどで開幕する。47都道府県と140以上の国・地域から、1200以上の団体・企業が出展。観光の誘致やサービスを紹介する。ビッグサイトでのブース展示は23日から25日までで、一般公開は24日から。

◆レゴブロックで熊本復興支援

 国内旅行エリアでは、4月に発生した熊本地震の復興支援企画として、来場者がレゴブロックで熊本城を製作するイベントを実施。海外旅行エリアでは、アゼルバイジャンとベラルーシ、ブルガリア、ジョージア(旧称グルジア)、モルドバ、ルーマニアの黒海沿岸6カ国を特集する。

 また、日本全国の丼もの16種類を集めた「全国ご当地どんぶり選手権」や、各国の樽生ビールを集めた「世界のグルメ名酒博」、ケバブや東欧の煮込み料理、東南アジアの料理などを集めたフードコートも併設している。

 22日と23日が旅行業界関係者向けの展示で、24日と25日が一般公開日となる。展示会は24日が午前10時から午後6時まで、25日が午前10時から午後5時まで。前売券は大人1100円、学生600円、当日券は大人1300円、学生700円。保護者同伴の小学生以下と中学生・高校生は無料。

 ツーリズムEXPOジャパンは、2013年までは日観振主催の「旅フェア日本」、JATA主催の「JATA旅博」と別々で開催されていたものを、2014年から統合して開催。オールジャパン体制で「観光立国日本」をアピールする。2015年は47都道府県と141カ国・地域から、1161の企業・団体が出展。3日間の期間中、17万3602人が来場した。

◆航空各社もブース出展

 また、航空各社もブースを出展。クイズや記念撮影などでアピールし、利用客の獲得を狙う。

 シンガポール航空(SIA/SQ)系LCCのスクート(SCO/TZ)は、オリジナルグッズを配付し、ネイリストによるネイルサービスを実施。航空券が買えるバウチャーをプレゼントするクイズ大会も開催する。日本人客室乗務員(CA)も2人来場し、写真撮影に応じる。ブースはA-001。

 台湾のチャイナエアライン(中華航空、CAL/CI)は、歴代の航空機や制服を紹介。SNSへの投稿などでポストカードやオリジナルグッズをプレゼントする。また、2017年に迎える東京就航50周年を記念し、抽選で1組2人を同年4月の50周年記念フライトに招待する。ブースは東1ホールA-27。

 アエロフロート・ロシア航空(AFL/SU)は、ペア航空券が当たるクイズ大会やロゴ入りグッズをプレゼントする抽選会を実施。ロシア人CAや人気キャラクター「チェブラーシカ」との記念撮影もできる。ブースは東4ホールM-39。

 フィンエアー(FIN/AY)はフィンランド政府観光局と共同ブースを出展。フィンランド観光の魅力を訴求する。会場ではエアバスA350 XWBのビジネスクラスシート体験会のほか、北欧を中心とした欧州の魅力をゲストを招いてトークショーで紹介する。

 中国国際航空(エアチャイナ、CCA/CA)は、同社マイレージプログラム「フェニックスマイル」の入会キャンペーンを実施。会場で入会した先着40人に、日中就航40周年を記念した飛行機模型をプレゼントする。また、同社が加盟する航空連合・スターアライアンスが加盟各社のブースに設置したクイズに解答すると、オリジナルグッズをプレゼントする。ブースは東1ホールA-09。

Yusuke KOHASE

最終更新:9/22(木) 9:48

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。