ここから本文です

純国産の地球観測衛星、打ち上げ再び延期へ/台湾

中央社フォーカス台湾 9/22(木) 11:20配信

(台北 22日 中央社)楊弘敦・科技部長(科学技術相)は21日、今年第3四半期に予定されていた純国産の光学地球観測衛星「フォルモサット5号」の打ち上げについて、延期される見通しを明らかにした。打ち上げを担当する米スペースXのロケット、ファルコン9が今月1日に起こした爆発事故の影響を受けたとしている。

5号は2004年に打ち上げられた2号(今年8月に引退)の後続機として開発。打ち上げに向けた準備が進んでいるが、遅れが出ている。

国家実験研究院の王作台・副院長は、打ち上げ時期について、今年末か来年初めになると説明。延期が続くと1カ月ごとに契約額の1.25%に当たる賠償金が最大10%、約7000万台湾元(約2億2400万円)まで請求できるとしている。

(王承中/編集:齊藤啓介)

最終更新:9/22(木) 11:20

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。