ここから本文です

ヤマハ トリシティ向けルーフキット発売…軽量、ワイパーやアクセサリー電源装備

レスポンス 9/22(木) 8:00配信

帝都産業は、ヤマハの3輪スクーター『トリシティ125』用ルーフキット「SLR for Tricity」の販売を10月25日より開始する。

新製品は、傷のつきにくいポリカーボネート製両面ハードコートスクリーンを採用し、良好な視界を確保。ルーフとインナーパネルには高品位二層構造ABSの真空成型パーツを採用し、内・外観の美しさと高い耐候性を併せ持つほか、ボディマウントしたミラーによりスタイリングの向上だけでなく、少ない視線移動で安全な後方確認を可能にした。さらに、手元スイッチ式電動ワイパーとアクセサリー電源端子を装備する。

ルーフキットを装着することで、雨天はもちろん、夏の日差しと熱風、冬の寒気を遮り、快適なライディング環境を提供。また、トリシティの安定した乗車感を損なわないよう、部品点数の低減、軽量設計を徹底、ルーフ付きスクーターが初めての人も違和感なく乗ることができる。

予定価格は14万9040円、ワイパーレス仕様(12万7440円)も用意する。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9/22(木) 8:00

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。