ここから本文です

DeNA三浦大輔 引退表明の前に熱く語った「番長の美学」

東スポWeb 9/22(木) 6:03配信

 DeNAの三浦大輔投手(42)が20日、横浜市内のホテルで記者会見を行い、今季限りでの現役引退を表明した。1991年のドラフト6位で大洋に入団以降、球団名は横浜、DeNAと変わったが、球団一筋に25年。リーゼントをビシッと決め、この日の会見に臨んだ三浦は時折言葉を詰まらせ、目を潤ませながら感謝の言葉を述べた。そんな「ハマの番長」が後輩たちに伝えたかったこととは何なのか。本紙記者に熱っぽく明かした「番長の美学」とは――。

「おい『出禁』じゃないのかよ!」

 番長の所に顔を出すと、まずかけられたひと声がそれだった。自分が横浜番だったのは、まだ「横浜ベイスターズ」だった2006年だが、当時は万年Bクラスで夏場には早くもストーブリーグが始まるような状態だった。フロントと現場の一体感もなく、そんな現状ばかりを記事にしていた記憶がある。冒頭のやりとりはそんな名残からきた“お約束”のようなものだった。

 当時は色眼鏡で接してきたり、煙たがるフロントや現場関係者も少なくないなか、番長はいつもフラットな視線で接してくれた。同じ1973年生まれ。仕事の愚痴を聞いてもらったこともあった。宜野湾キャンプでは練習後、食事会場から出てきた番長と話しているうちに「まあ、座って話そうや」とフロアの隅のソファへ。いつしかバカ話へと発展し、気がついたら1時間以上、話に付き合ってくれたこともあった。

 先日、久しぶりにDeNAの取材で番長の元を訪ねた。当時と変わらずハマスタのスタンドを黙々と走っていた。終わったあと、コーチとして、走り込みの大切さも教えているのかと聞いた。すると「その話もしているけど、俺の練習が全員に合うかっていったら、合うわけじゃない。ただ、参考にはなると思うし。まあ、野球に対する取り組み方だよ」。その後、話は次第に熱を帯びていった。

「先発投手だったら、マウンドに上がるまでの準備。中5~6日ある中での過ごし方。そういう姿勢って、他の選手も監督、コーチ、ファンも見ている。その姿勢が大事だぞって。それが信頼関係につながる。野手、中継ぎにしてもそう。例えばストッパー。抑えればセーブっていう華やかなものがある分、全部背負い込まなアカン。先発、中継ぎとつないで、野手が打って守って『最後、お前に任せたぞ』っていうところで失敗してしまうと、すべて崩れてしまう。しんどい部分だけどやりがいも感じるだろ、と。だから普段の練習、野球に取り組む姿勢も大事だぞって」

 話はまだまだ続いた。「普段、チャラチャラしてて抑えられるならいいよ。それでも打たれたときに、野手に『打たれたらしょうがない』って思われるくらい野球に取り組めているかって。そういうのが信頼関係につながるんだぞって。誰一人打たれようと思って打たれてないし、アウトになろうと思って打席に入っているやつなんていない。だからこそ、その過程とか取り組む姿勢なんだよ。失敗しても許されるために、そういうことをしろって言うてるわけじゃない。見てくれている人は見ているよと。それがチームの絆、強くなることなんじゃないのって」

 98年に優勝、日本一を経験して以降、チームは低迷が続いた。そんな中、背番号18、ハマのエースを張ってきた。あの時、思わず飛び出した熱い言葉の数々は、そんな三浦大輔が「背中で訴えたかったこと」だったのだろう。最後は照れ隠しなのか、しんどそうな表情を取り繕って「でもな、しんどいねん、練習。俺、大っ嫌いやねん、練習が」。しっかりオチを作って締めた。

 ついに迎えた三浦引退。その視線の先には、番長の「背中ごしのメッセージ」を感じた選手たちが、懸命に野球に取り組む姿があるはずだ。(元横浜担当・佐藤記者)

最終更新:9/22(木) 6:07

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。