ここから本文です

ヤ軍マー君の14勝で全米メディアから肘の話題が消滅!

THE PAGE 9/22(木) 18:26配信

ヤンキースの田中将大投手が21日のレイズ戦に先発。3回に3者連続を含む4本塁打を打たれたが、6回を投げ、7安打4失点でメジャー自己最多となる14勝目を記録した。防御率は、3.07で、ア・リーグのランキング1位を守っている。

 これを受けてニューヨークデイリーニュース紙は21日付で、「田中がトミー・ジョン手術をしなかったのは正しい決断だった」と報じた。

 田中は2014年7月に右肘靭帯の部分断裂により戦列を離脱。田中は、ダルビッシュ投手も受けたトミー・ジョン手術と呼ばれる側副靭帯再建手術ではなく、PRPと呼ばれる多血小板血漿療法を受けていた。

 ニューヨークデイリーニュース紙は、2014年7月当時、田中は、側副靭帯再建手術である、トミー・ジョン手術を受けるべきだという意見が多かったことを振り返る。

 同紙の記事は、「それから26カ月後の今も田中のヒジは破壊されておらず、中4日や中5日で投げ続けているだけでなく、ア・リーグでは最も良い投球をしている一人だ」と書いている。

 そして「みなさん、田中とヤンキースの決断が正しかったことを認めなければいけない時期が来ていますよ」と読者に呼びかけた。

 同紙は、21日の登板で、田中の成績が14勝4敗になったことや、WHIP(投球回あたりの与四球と被安打の合計)はリーグ5位の1.06で、WAR(そのポジションの代替可能選手と比較してどれだけ勝利数を上積みしたか)は5.6であり、ア・リーグ投手の2位だというデータを示して評価。

 そして「言い換えれば、サイヤング賞のレースの中にいる」と伝えた。

 捕手のマッキャンは、同紙の取材に「田中はとても安定している。数字がそれを表しているし、彼が登板するとチーム全体も勝てると思っている」と話している。

 田中は、すでに今シーズン199.2イニングを投げている。2014年には136.1イニング、2014年は154イニングで、同紙は、「田中の投げるボールではなく、どのくらいの頻度で田中を使えるかということが、これまでの大きな疑問だった」としている。
   

1/2ページ

最終更新:9/22(木) 19:36

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]