ここから本文です

ポートフォリオとアセットアロケーションの考え方

ZUU online 9/22(木) 6:10配信

金融商品に投資をするにあたって、重要なのは分散投資をすることです。「同じ籠に卵を盛るな」の例えのように、すべての投資資金を一つの金融商品に集中することは、大きなリスクを伴います。

そこで、投資資金を何に振り向けるかを考える必要がでてきます。この考え方がアセットアロケーションなのです。

■1. アセットアロケーションの考え方

アセットアロケーションの一般的な考え方は、投資に使える資金を現金、国内株式、国内債券、海外株式、海外債券、その他(オルタナティブ投資)に振り分け、投資効率を上げていくことです。

では、なぜこのような資金の振り分けが効果的なのでしょうか。それは、各資産の動きの特性がまちまちなので、複数のアセットクラス(投資対象である資産の分類、種類のこと)を持つことがリスク分散になるからです。

例えば、投資資金を日本国債70%、日本株式10%、海外債券10%、海外株式10%といった安全志向のアセットアロケーションに分散したと仮定すると、そのリターンはかなり低いものとなります。また、何らかの理由により日本国債が暴落した場合、投下資金をかなり毀損してしまいます。

ご自身がとれるリスクと期待できるリターンを冷静に分析し、運用目標を明確にするところからアセットアロケーションは始まります。

さらに、アセットアロケーションを考える際に、株式と債券の関係には注意が必要です。一般的に株式が上がれば債券は下がり、債券が上がれば株式は下がります。株式と債券はそれぞれ相反する動きをするといわれています。ここで参考になるのが、各資産別の相関関係係数です。ただしこれは参考であって、その時々の環境によって、株式と債券が同じような動きをすることもあります。

■2. ポートフォリオを考える

アセットアロケーションが決定したら、次はポートフォリオを考えていきます。全体の投資資金のアセットアロケーションの中で国内株式の割合を決めた後、具体的にどの銘柄を購入するか決定することがポートフォリオです。もともとポートフォリオとは「紙ばさみ」という意味で、それに有価証券をはさんでいたことから転じて、資産を分解した全体像を指すようになりました。

同じ国内株式でも、銘柄によって異なる動きをするものもあります。アセットアロケーションだけでなくポートフォリオを組むことで、相関関係を考えた銘柄選定を行えます。その結果、より安定的な投資効率を上げることができるのです。

この考え方で実際に金融商品を選ぶ際、ETFや投資信託は有力な選択肢になりえます。個別株を購入した場合、1銘柄にまとまった金額が必要となりますが、ETFや投資信託では、1つの銘柄を買うことで自動的に分散投資をすることになるからです。

■3.アセットアロケーションの見直し

ここで気を付けなければならないのは、一度組んだアセットアロケーションは永遠ではなく、定期的に見直す必要があるということです。自分がとれるリスクや期待できるリターンを考えて組んだ設定当初のアセットアロケーションやポートフォリオは、ある一定の運用期間が経過すると各資産別の運用リターンが異なってきます。また、経済情勢や市場環境も常に一定とは限りませんので、定期的にご自身のアセットアロケーションを見直す必要が出てくるのです。

最初にとれるリスクとリターンを決め、リバランス(適切な比率に戻すこと)していくことが、確実に運用成績をアップしていく秘訣です。もし、その自信がない場合は、投資の専門家にお願いするのもいいかもしれません。将来への不安から資産運用に大きく注目が集まっている今、投資の専門家にお願いするハードルは確実に低くなっています。IFAという専門家の助言をもらうのも一つのアイディアといえそうです。(提供:IFAオンライン)

最終更新:9/22(木) 6:10

ZUU online